2017/08/15

よしよし

Hoffenheim 1-2 Liverpool

得点者:TAA(35分)、OG(74分)

ミニョレ:8点、良いセーブを連発。救われた
マティップ:5点、空中戦けっこう負けていた
ロブレン:4点、超不安定
TAA:7点、素晴らしい安定感に素晴らしいフリーキック。最後の失点が残念
モレノ:3点、彼のおかげで左サイドの守備はないも同然
ヘンダーソン:5点、無難な働き
チャン:5点、体は張っていた
ワイナルダム:4点、何もしてない
マネ:8点、個人で突破できる
サラ:7点、もう少し精度が上がれば完璧
フィルミーノ:6点、そんなにプレーには絡まなかった

ミルナー
ソランケ
グルイッチ

Man of the Match:サイモン・ミニョレ

厳しいと思われていましたが、何とか勝利。まあ、ミニョレとTAAのスーパーフリーキックに救われました。

相手が出てくる展開ではリバプールはかなり強いので、後半はカウンターからかなり多くのチャンスをつくれました。本当なら、あと1点ぐらいはとれたところ。最後の失点は残念でしたが、まあ結構運が良いシーンも多かったので、2-1なら大満足です。

スタメンはこの前のプレミア開幕戦と全く変わらず。クロップの中での現状ベストメンバーはやはり今のかたちなのでしょうか。

序盤は、というか試合全体を通じてほぼ相手がボールを支配していましたね。プレスも頑張って掛けるような雰囲気もなく、相手もピッチを広く使ってボールをまわしていました。

ただ、マネとサラという二人のスピードスターを備えているリバプールにとっては、こっちのほうが戦いやすいのかもしれないですね。下手に相手に引かれるよりも、相手にボールを持たせていればカウンターを狙えますから。

とは言っても、PKがあったりとかなり危ないシーンは何回かありました。そういうシーンをミニョレに防いでもらったのが非常に大きかった。

先制点はフリーキックから。TAAのキックはもちろん見事でしたが、フリーキックを獲得した際のマネのドリブルも凄かった。彼はスピードだけで3人ぐらいを抜いていけますからね。

後半は相手が積極的になったこともあり、よりこちらのチャンスが増えたと思います。正直言って2点と言わず、3点以上とれたとは思います。

ただ、集中力がなくなった一瞬の隙に失点。これまた、くだらない失点でした。そして、失点すると急にバタバタするのがリバプールらしい。

最後はなんとか凌いで、試合終了。ファーストレグアウェーで2-1なら、まあ上出来でしょう。

ただ、やはり気になるのが左サイドの守備。モレノはいないも同然の守備ですし、ロブレンも不安定。このコンビはやめてほしい。

あと、いつも気になるのが、フリーキックの守備。ディフェンスラインがいくらなんでも高過ぎる気がする。おかげで、最後のシーンなんかゴール前でドフリーでヘディングされてました。相手の超凡ミスに助けられましたが。まあ、クロップの方針だと思うので、この高いディフェンスラインは変わらないでしょうけど。

それにしても、良い試合ではあったが、運とキーパーに助けられた感じではありました。まあ相手はホームではずっと無敗だったみたいなので、いい結果だとは思います。

セカンドレグでは相手も攻撃的にならざるおえないと思うので、リバプール有利な試合にはなりそうですね。

次はプレミア、クリスタルパレス戦。まあ、強い相手に勝って、中堅に苦戦するのがリバプールなので、これは要注意ですね。では、


スポンサーリンク

2 件のコメント:

Jaco さんのコメント...

こんにちは。
日本ではヒヤヒヤしながら観てました。
プレーオフは勝てば良いですが、モレノ&ロブレンは考え直した方がいいですね。ミニョレは開幕戦不安定丸出しでしたが、ここ一番は強いですね。色々助かりました。
TAAは守備の部分はまだまだ甘いですが、彼はこのままいくと将来レッズを背負っていく選手かもしれませんね。期待大です。
あと気になるのが、ジニですね。なんかパッとしないです。

Steven115 さんのコメント...

Jacoさん

こんにちは。
やはりヒヤヒヤでしたよね。
おっしゃるように、特にロブレンとモレノのコンビは、今後はもうやめてほしいですね。あれじゃあ、いないも同然のディフェンスですよ。
ジニというよりか、クリエイティブな選手が中盤にいないので、中盤全体が微妙になってますよね。
ララーナぐらいしかいないので、本当なら補強してほしい箇所なのですが・・・。