2011/06/16

今シーズンの総括②

今後はポジション別に、トップチームの選手1人1人への今シーズンの通信簿をつけたいと思います。今回は、ゴールキーパー&ディフェンダー編。




ペペ・レイナ:6点
昨シーズンほどの活躍ではありませんでした。相変わらず素晴らしいキーパーだとは思いますが、ミスが少し目立ったような気がします。

ブラッド・ジョーンズ:5点
レイナという信頼できるキーパーがいるため、出番はほとんどナシ。シーズン途中からはダービーにローン移籍して7試合に出場したみたいです。

グレン・ジョンソン:5点
攻撃面では昨シーズンほどのドリブル突破が見られなくなりましたね。シーズン途中から左サイドにコンバートされることが多くなったのも1つの原因でしょうか。シーズン序盤は守備面でマズいプレーもありましたが、終盤は良かったです。

ファビオ・アウレリオ:5点
目立った活躍はできませんでしたし、怪我も多かったですね。

マーティン・ケリー:9点
トップチームでも遜色ない・・・、というよりか、トップチームでも輝いていました。守備は安定していますし、オーバーラップするタイミングも良いですからね。ただ、シーズン後半の怪我が残念。

ジョン・フラナガン:8点
18歳ではありますが、トップチームでも十分やれていたと思います。これからが楽しみな選手。

ポール・コンチェスキー:4点
彼がレッズの選手であることを忘れかけていました。プレーは酷かったですが、ファンからのブーイングなど、少し可哀そうな面もありました。

ジェイミー・キャラガー:6点
彼が衰えてきていることは認めなくてはいけませんが、まだ十分戦力になりますね。今シーズン終盤は危ない守備もなかったですし、安定していたと思います。

マーティン・シュクルテル:6点
シーズン序盤のパフォーマンスは酷すぎでしたが、ケニーが監督になってからは本来の彼に戻りましたね。空中戦も強いですし、良いタックルもありました。

ダニエル・アッガー:6点
レッズの守備陣で1番良い選手だとは思っていますが、怪我が多いのが・・・。

ソティリオス・キルギアコス:5点
シーズン序盤は良かったとは思うのですが、ケニーが監督になってからは使われなくなりましたね。WBA戦で一気に信頼を失ったような感じでした。

ダニー・ウィルソン:5点
無難な働きだったと思います。ただ、彼のところを狙われたりなど、トップチームで彼が使われると危ないシーンもありましたね。これからの成長に期待。


ディフェンス陣に関しては、若手の活躍が目立ちました。ケリー、フラナガン、ロビンソン(ここでは書いていませんが)の3人の活躍が大きかったです。

シーズン序盤はディフェンスが酷すぎでしたね。シュクルテルをはじめ、目を覆いたくなるような選手や守備が多かったです。ただ、ケニーが監督になってからは守備面が大きく改善しましたね。シーズン終盤の躍進劇はその影響も大きかったと思います。

次回はMF編です。
スポンサーリンク

3 件のコメント:

DK さんのコメント...

このコーナーは密かに楽しみにしていました。去年もやってますよね

意見が違うところを挙げると、アウレリオは個人的に結構良かったです
左SBなら言うことなし、3バックのときのボランチやケリーの躍進によって4バックのサイドも受け持ったりと
彼の技術の高さを改めて感じさせられるシーズンとなりました。去年の夏は2年契約に反対してたんですが、
今となっては来年も結構期待してます。試合数少ないしね…

他は概ね同意見ですね。ウィルソンが非常に微妙なレベルにあると思うので来年どうするのか不安
リザーブリーグ廃止に伴い新しく何か始まるようなので(勉強不足ですみません)、そこで活躍できれば十分ですがね


それと4人の若手の放出が発表されましたが、チェンバレンとはどのような選手だったんでしょうか
今シーズンはそこそこ下部の試合も見ていたつもりだったんですが名前が記憶になかったので

steven115 さんのコメント...

>DKさん
コメントありがとうございます。楽しみにしてもらえるなんてありがたいです。

アウレリオに関しては・・・、あまり印象に残っていない、というのが自分としては正直なところですね。ただ、ロングボールは割と正確ですし、おっしゃるように、サイドバックでないポジションでも無難にこなしてはいましたね。

ウィルソンに関しては、どうなんでしょうね? 期待の若手ではありますが、ロビンソン、ケリー、フラナガンなど、他の若手も目立ってきていますからね。正直言って、他の選手と比べると、彼はもう少し頑張らなくてはいけないと思います。

>リザーブリーグ廃止に伴い新しく何か始まるようなので(勉強不足ですみません)
いやいや。自分も新しく何が始まるのか知りません・・・。

チェンバレンは・・・。これまた印象が薄い選手ですね。キーパーだったということしか覚えていません(笑)。今シーズンはリザーブでもあまり使われなかったですからね。

DK さんのコメント...

アウレリオは左MFで出た時なんか、カイトと絶妙なコンビネーションを見せ、敵陣深くまでたった2人で切り裂いてシュートまで持っていったのなんかかなり印象的ですかねー


ウィルソンは実績はあるんですし、ローンという道も残ってるように思います。キルギアコス延長の噂もあって、そこに新加入が入ってきたら流石に出られないでしょうし…
黒猫にとってヌゴグがヨーロッパ経験豊富な期待の新人に見えるように、最優秀若手賞受賞者ならCBのローンとはいえ受け手もいるんじゃないでしょうか(ってか、ヌゴグって外から見ると相当凄い選手ですよね…個人的にローンが良いんですが…うーん)


チェンバレンはGKでしたか。自分が知ってるチェンバレンは昨冬から話題になっていた10mもするとかいうトンデモ17歳だけだったので、いつの間に獲ったのかとか、そんなに使い物にならなかったのかとか勝手に焦ってました(笑)
ありがとうございました